TMCスタッフBLOG
株式会社東京マネジメントコントロールのスタッフブログです。 不動産のことからスタッフそれぞれの趣味に関する事まで楽しく紹介いたします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ウォーキング始めました!

① テニスは以前からやっていましたが、月2~3回のペースではあまり健康増進に役立たないと感じていました。
階段下

② 2か月ほど前、家から遠くない距離に神社の階段があるのに気づき、その昇りを含む散歩を始めました。
社殿

③ 階段は76段ですから、たいした高さではありませんが、昇りきったら左への参道を歩き、階段下に戻ってまた昇り、
階段上

④ 今度は右への参道を歩いて、また昇りという8の字歩きを3回繰り返して、合計段数228、オレもまあまあ頑張ってるじゃんと自惚れていました。

⑤ ところが先日思いがけずスーパー爺ちゃんに出会ったのです。
勢い良く階段を昇り降りしているので、何往復しているんですか?と聞いたところ、なんと15往復だというのです。

⑥ しかも昇り降りの最中は両手に小さめながら鉄アレイ、昇るたび社殿の前で20回のスクワット!階段の降りは怖くて出来ない軟弱・牧野ビックリ仰天です。

⑦ しかも、しかも年齢80歳と宣うではありませんか。
不肖・牧野呆れかえりましたが、スーパー爺ちゃんへの敬意と感謝の気持ちを抱きつつ翌日から8の字歩きを6回に増やしました。


爺ちゃんは日本の山々の伝承、信仰等をイラストと文章で表現し展示・出版することを生業としているということです。
だとすれば、過酷なトレーニングも仕事の一部というわけ。まさに恐れ入り谷の鬼子母神!
爺ちゃんIMG
07イラストIMG


社殿から左の参道からは東京スカイツリーが臨めます。
05スカイツリー

スポンサーサイト

世界最高峰のデジタルカメラ

完治

 先日新聞に金閣寺の重要文化財のひとつ伊藤若沖・全50面の襖絵をキャノンのデジタル一眼レフカメラを使い約2年半かけて複製するという記事が載っていました。
 一眼レフカメラで撮影したものを襖絵サイズにまで拡大するにも拘らず、オリジナルと区別がつかないというのですから、このカメラの性能がいかに凄いものか想像出来ますし、事実、世界最高峰(ぶっちぎり)のデジタルカメラであることは衆目の一致するところです。

襖絵

 そのキャノンのデジタル一眼ですが、機種名はEOS-1 Ds MarkⅢ、不肖牧野も3カ月ほど前に手に入れたもので、値段は本体だけ(レンズ別)で90万円弱します。
 実は2年前には不肖牧野・プロフォトグラファーとはいえ、こんな高価なカメラを買ったところで、この歳で減価償却、つまり元をとるのは難しいから買うのはやめておこうと諦めていました。
EOS-1 Ds MarkⅢ_edited-1

 それが一昨年夏から働かせてもらっている(株)東京マネジメントコントロール・角田三平さんの「もう歳だから」ではなく「まだまだ若いのだ、頑張ろう」精神に痛く感化されて「よし!思い切って買ってみるか」となりました。
 「それに見合うような写真の仕事もバリバリするぞ!」あえて自分に対して強いプレッシャーをかけたわけです。
 90万のカメラを買ったあくる日トヨタへプリウスを買いに行きました。

プリウス

 不動産はそんなに儲かるのか? いえいえ不肖牧野恥ずかしながらまだそのレベルに達しておりません。
 実は2年前から年金が出ていたのですが、そちら方面にまったく疎い不肖牧野は知りませんでした。
 たまたま別の用件で社会保険事務所に行ったわが愛妻が職員に指摘され帰って来て「両方買っていいわよ」と言ってくれたというわけです。(ノロケルつもりは毛頭ありませんが、やはりノロケてます、スミマセン)

 最近、60歳過ぎなのに身体を壊しかねないような働き方をしている同級生に対して「残り人生お互い無理せず”Enjoy”しようよ」と発言した友人がいました。彼の意見に賛同しつつ、「そのためにはそれなりに頑張らねば」と愚考する不肖牧野でした。





心がほんわか暖かくなった話

不肖牧野
 昨年8月、武蔵境の住宅街にある古い1戸建てを洒落た外観の3室のアパートにリニューアルし、不肖牧野の仲介で10月までに1階にAさん、2階にBさん、Cさんといういずれも若い夫婦に順次入居してもらいました。 仲介者としては生活騒音等も含めて、3世帯にはぜひ仲良く暮らして欲しいと願っていました。
外観メール用
 10月下旬、八丁堀の当社宛にアパート近所の主婦から凄い剣幕で「お宅のアパートの入居者が出した生ゴミをカラスが食べ散らかして大変なことになっている」という電話が入りました。
 12月に入って同じ方から同様の電話があり「カラス騒動はこれで3回目です。すぐに来てください」と言われました。すぐに来いと言われても手の離せない仕事もありますから、おいそれと武蔵境まで駆けつけるわけにはいきません。
専用庭メール用2
 そこで不肖牧野は最近入居してまだ慣れていない1階のAさん夫婦の可能性が高いと考えて電話したところ「私達が家を出る時、既にそういう状況になっていた、そもそも私達は今日ゴミを出していない」という返事。
 それと前後してBさんから「生ゴミがカラスにやられて道路に散乱していますよ」というメールが入ったので、それならゴミを出したのはCさんしかいないということになり、連絡したところ「済みません、すぐ片付けます」という答えが返ってきて騒ぎは取り敢えず収まりました。
 ただそうなると前の2回もCさんだったのか?という疑いも生まれてきます。

[続きを読む]

ボクにも出来た不動産!!!

不肖牧野
建築写真の仕事を長年やってきた不肖牧野62歳ですが、一昨年の夏から大学の先輩である角田三平さんのもとで不動産の仕事も始めました。

知識ゼロからのスタートですから、トンチンカンなことを繰り返しつつ小さな成約はいくつかありましたが、最近日本橋の新築ビル2フロアを立て続けに決めることが出来ました。

不肖牧野にとって初めての大きな成約であり、廻りの方々の暖かいご協力があればこそは言うまでもありませんが、「ひょっとしたら不動産業が自分にも出来るかも?」という気持ちも生まれました。

このささやかな自信をバネにして、新しい年も新しいことに挑戦して行きたいと心に誓う年の始めです。

なおこの日本橋新築ビルの竣工写真(施工会社の発注)も当然(と言ったらタカビーですが)撮らせて頂くことができ感謝しております。
ニューTNビル




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。