TMCスタッフBLOG
株式会社東京マネジメントコントロールのスタッフブログです。 不動産のことからスタッフそれぞれの趣味に関する事まで楽しく紹介いたします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


心がほんわか暖かくなった話

不肖牧野
 昨年8月、武蔵境の住宅街にある古い1戸建てを洒落た外観の3室のアパートにリニューアルし、不肖牧野の仲介で10月までに1階にAさん、2階にBさん、Cさんといういずれも若い夫婦に順次入居してもらいました。 仲介者としては生活騒音等も含めて、3世帯にはぜひ仲良く暮らして欲しいと願っていました。
外観メール用
 10月下旬、八丁堀の当社宛にアパート近所の主婦から凄い剣幕で「お宅のアパートの入居者が出した生ゴミをカラスが食べ散らかして大変なことになっている」という電話が入りました。
 12月に入って同じ方から同様の電話があり「カラス騒動はこれで3回目です。すぐに来てください」と言われました。すぐに来いと言われても手の離せない仕事もありますから、おいそれと武蔵境まで駆けつけるわけにはいきません。
専用庭メール用2
 そこで不肖牧野は最近入居してまだ慣れていない1階のAさん夫婦の可能性が高いと考えて電話したところ「私達が家を出る時、既にそういう状況になっていた、そもそも私達は今日ゴミを出していない」という返事。
 それと前後してBさんから「生ゴミがカラスにやられて道路に散乱していますよ」というメールが入ったので、それならゴミを出したのはCさんしかいないということになり、連絡したところ「済みません、すぐ片付けます」という答えが返ってきて騒ぎは取り敢えず収まりました。
 ただそうなると前の2回もCさんだったのか?という疑いも生まれてきます。

101DK和室メール用
 数日後再びBさんからメールが入りました。「正直に言います。3回目の騒ぎは私達ではありませんが、1,2回目は私達が出したゴミが原因です。反省して昨日お向かいの家に粗品を持って謝りに行きました」

 Bさんがわざわざ言わなければ、うやむやになるか、Cさんに疑いがかかるところでした。
 若い人達のマナーやモラルの荒廃が云々される昨今ですが、「まだまだ良心を持ち続けている若い人がいるんだ」
 外の冷たい木枯らしにもかかわらず、心がほんわか暖かくなるように感じた不肖牧野でした。
玄関周りメール用
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tmcstaff.blog115.fc2.com/tb.php/6-ef57871f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。