FC2ブログ
TMCスタッフBLOG
株式会社東京マネジメントコントロールのスタッフブログです。 不動産のことからスタッフそれぞれの趣味に関する事まで楽しく紹介いたします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


はじめてのブログ(岡安)

ブログ初心者の岡安です。

仕事の必要上お尻に火がつきそうです。
ほかのスタッフに手取り足取り教えてもらっています。
今後ともよろしくお願いします。

テーマ:ブログ - ジャンル:コンピュータ


世界最高峰のデジタルカメラ

完治

 先日新聞に金閣寺の重要文化財のひとつ伊藤若沖・全50面の襖絵をキャノンのデジタル一眼レフカメラを使い約2年半かけて複製するという記事が載っていました。
 一眼レフカメラで撮影したものを襖絵サイズにまで拡大するにも拘らず、オリジナルと区別がつかないというのですから、このカメラの性能がいかに凄いものか想像出来ますし、事実、世界最高峰(ぶっちぎり)のデジタルカメラであることは衆目の一致するところです。

襖絵

 そのキャノンのデジタル一眼ですが、機種名はEOS-1 Ds MarkⅢ、不肖牧野も3カ月ほど前に手に入れたもので、値段は本体だけ(レンズ別)で90万円弱します。
 実は2年前には不肖牧野・プロフォトグラファーとはいえ、こんな高価なカメラを買ったところで、この歳で減価償却、つまり元をとるのは難しいから買うのはやめておこうと諦めていました。
EOS-1 Ds MarkⅢ_edited-1

 それが一昨年夏から働かせてもらっている(株)東京マネジメントコントロール・角田三平さんの「もう歳だから」ではなく「まだまだ若いのだ、頑張ろう」精神に痛く感化されて「よし!思い切って買ってみるか」となりました。
 「それに見合うような写真の仕事もバリバリするぞ!」あえて自分に対して強いプレッシャーをかけたわけです。
 90万のカメラを買ったあくる日トヨタへプリウスを買いに行きました。

プリウス

 不動産はそんなに儲かるのか? いえいえ不肖牧野恥ずかしながらまだそのレベルに達しておりません。
 実は2年前から年金が出ていたのですが、そちら方面にまったく疎い不肖牧野は知りませんでした。
 たまたま別の用件で社会保険事務所に行ったわが愛妻が職員に指摘され帰って来て「両方買っていいわよ」と言ってくれたというわけです。(ノロケルつもりは毛頭ありませんが、やはりノロケてます、スミマセン)

 最近、60歳過ぎなのに身体を壊しかねないような働き方をしている同級生に対して「残り人生お互い無理せず”Enjoy”しようよ」と発言した友人がいました。彼の意見に賛同しつつ、「そのためにはそれなりに頑張らねば」と愚考する不肖牧野でした。





花壇(多田)

日課のウォーキングをしていたらきれいな花壇に気が付きました。
道路際の花壇


いつものウォーキング時間は出勤前の朝4時ごろです。
だから真っ暗で花壇に気が付きませんでした。

今日は水曜日で会社はお休みです。
日の光を浴びてウォーキングのなんと気持ちよいことか!!

最近花壇の花を切り落とす不届き者が相次いでいましたが、
せっかく育てた近隣の方々の気持ちを思うと,
怒り嘆かずにはいられませんね。




テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用


ウォーキング(多田)

4月12日(土) 天候うす曇 気温18度
ひさしぶりに湘南の海岸でウォーキング


午前10時半・出発地は茅ヶ崎駅
出発地は茅ヶ崎駅

母校K大ワンダーフォーゲル部OB13人と
市内を抜けて海岸へ

市内を抜けて

茅ヶ崎海岸へ出る
海岸

海辺から町並みを見つつ
街と海岸

目的地・稲村ガ崎に到着
温泉で汗を流した後は公園で懇親会
公園

夕闇せまる江ノ島を望む
夕闇の江ノ島

名物のトンビが舞う
トンビ

江ノ電・極楽寺駅より極楽気分で我が家へ
極楽寺駅


今回のプランは7月に姫路から神戸まで60数キロを、3日間で炎天下に歩くためのトレーニングをかねて行いました。
10数年ぶりの湘南海岸でしたが、海に遊ぶサーフライダーの多いこと、海岸沿いの風景がどこか外国に来たような垢抜けしたシーンに驚かされました。
江ノ島水族館がすっかり装いを新たにし、是非一度、孫たちを連れて来たくなりました。




テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用


心がほんわか暖かくなった話

不肖牧野
 昨年8月、武蔵境の住宅街にある古い1戸建てを洒落た外観の3室のアパートにリニューアルし、不肖牧野の仲介で10月までに1階にAさん、2階にBさん、Cさんといういずれも若い夫婦に順次入居してもらいました。 仲介者としては生活騒音等も含めて、3世帯にはぜひ仲良く暮らして欲しいと願っていました。
外観メール用
 10月下旬、八丁堀の当社宛にアパート近所の主婦から凄い剣幕で「お宅のアパートの入居者が出した生ゴミをカラスが食べ散らかして大変なことになっている」という電話が入りました。
 12月に入って同じ方から同様の電話があり「カラス騒動はこれで3回目です。すぐに来てください」と言われました。すぐに来いと言われても手の離せない仕事もありますから、おいそれと武蔵境まで駆けつけるわけにはいきません。
専用庭メール用2
 そこで不肖牧野は最近入居してまだ慣れていない1階のAさん夫婦の可能性が高いと考えて電話したところ「私達が家を出る時、既にそういう状況になっていた、そもそも私達は今日ゴミを出していない」という返事。
 それと前後してBさんから「生ゴミがカラスにやられて道路に散乱していますよ」というメールが入ったので、それならゴミを出したのはCさんしかいないということになり、連絡したところ「済みません、すぐ片付けます」という答えが返ってきて騒ぎは取り敢えず収まりました。
 ただそうなると前の2回もCさんだったのか?という疑いも生まれてきます。

[続きを読む]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。